トラウマが消える瞬間

人生で気付いた1つの感動。

それは、トラウマが消えたこと。消えるんだという発見。

 

人それぞれかもしれないね。でも、自分の経験から、そう信じられる。

トラウマはいつか消える。

 

例えるなら、バケツがあって、1日1日、トラウマに苦しめられるのだけれども、苦しんだ時に、1滴1滴水滴がバケツに落ちる。

1滴だけなんだけれど、逆に、1滴は必ず毎回たまる。

何も進んでいるように見えず、ただただ苦しむだけでも、その瞬間、1滴必ずバケツに落ちる。

 

10年、もしかしたらそれ以上、1滴ずつバケツに落ちていって、いつかバケツの水が溢れ出す。

その時、傷が消える。

 

一生苦しむことになると思っていた。

でも、何のきっかけもなくて、ちょうど10年くらい経ったある日、消えた。

 

ただただ苦しんでいただけだった。

年月をかけて小さくなっていくことさえなかった。逆に9年目の方が辛かったかもしれないくらい。

でも、その瞬間が来たんだ。

 

だからってみんなにそうなのかなんて分からないから、何を言うのも無責任かな。

でも、10年間苦しみ続けても、10年と1日後に、すっと消えてなくなる可能性があるという奇跡に、自分は感動した。

同じように苦しんでいる人に出会ったら、あなたもそうなるなんて言えないけれど、自分はこうなったと教えてあげられたらなと。

 

これからも、いろいろなことが人生で当然起きるんだけれども、

信じて生きたいと思う。

10年と1日後の奇跡を。