今は想像できない愛のために、異常になればいい

今日走っていてふと気付いた。

 

ちなみに、走っていると何かを思い付くことがとても多い。これからも走ろう。

 

ふと気付いたこと。

 

異常になればいい ということ。

 

異常な選択肢を無理矢理選ぶ。

 

そうすると、そのままだと異常な人間ということになって、全てを不幸せにして、全てを破壊してしまう。

 

しかし、異常な選択肢を取って、それにも関わらず全てをより幸せにするには、自分の愛情の大きさを、想像出来ないレベルに一気に上げる必要が出るから。

 

無理矢理でもいいから、異常な方の選択肢を取るべきなのではないか。

 

それによって、自分の愛情のレベルにブレークスルーを起こせるのではないか。

 

もちろん、出来なかったら、単なる異常者に成り下がり、死んだ方がいい人間に成り下がるリスクがある。

 

死んだ方がいい人間にならないために、必死で愛にすがることになる。死なないために必死に愛を考える。死なないために、もう愛情深くなる以外なくなる。

 

だから、本当に無理矢理にでも、どこかで異常な選択肢を選ぶべきなんだ、と本能が今日言った。

 

こういう本能の呟きって、いつも自分にとっては正解なんだ。

 

まぁ、小さい時から普通だなんてことは全くなかったから今まで通りの方向性なんだけど、ただ、今までは普通ではないけど異常ではなかった。

 

無理矢理にでも異常な選択肢を選ぶべきなんだろう。

想像出来ないレベルに愛情の大きさを引き上げるために、

 

自分自身に勝負をすべきなのかもしれない。

 

あえて、異常になれと。

本能が呟いた。

もういいんだ。人生に自分から期待することなんてないから。

異常な選択肢を選んで、全てを失うなら、やっぱりそれまでの人間なんだよ。そうなったら全部諦めろよ。

 

本能には逆らえないから、異常な選択肢をあえて選ぶ時が来るんだろうけど、

自分自身への勝負に負ける気は全くしない。

そんな精神でやってきたわけじゃない。

 

異常になればいい。

でも、結果異常にならず、それを超えた愛情を手に入れよう。

うん、すんなり自分を信じられる。大丈夫。

 

 

 

 

全く関係ないけど、こんな歌い出しの瞬間に、世界の美しさが詰まっているように思う。

https://m.youtube.com/watch?v=2cdUL3jixGY