許すこと 愛すること

人生ずっと父親を憎しみ生きてきた。

 

負の経験、負の感情、それらを全て忘れずに、全身にまとって生きてきた。

 

もう、人生のほとんど全ての決断が、それらの負との戦いで決めてきたのかもしれない。

ピュアに決断してきたのではなく、負を原動力にして、暗闇の世界を、全力で、闇から逃れようと、振り払おうと、生きてきたのかもしれない。

 

その結果、表面的に成功しても、何一つ幸せにならなかった。

 

暗闇から、出ていなかったんだ。

出たと思っていた。ここは光の世界だと思っていた。

違ったんだ。

 

まだ暗闇の世界にいたんだ。

 

愛についてばかり考えて、愛について書いて、

何も分かってなかった。

 

本当の愛なんて理解していなかったんだ。

 

だから、友達もいないんだ。

友達がいないのを悪いと思ってなかったけど、自分が他人と違うから友達がいないのではなくて、本当の意味での愛がないからだったんだ。

 

愛がないから、誰とも距離を置いて、傷つくのを恐れてきたんだ。

距離があれば傷つかない。傷つくならもっと距離を置けばいい、そんな考え方だったんだ。

本当の愛を知らないから。

 

子どもの時に受けた負の全てから、おれには愛なんてなくなっていたんだ最初から、今日まで。

 

 

5年ぶりくらいか、実家に帰った。

自分が愛を知らないことに気付いたから。父親との関係を乗り越えずに、もう前に進めないと理解したから。このまま進むと、おれは沢山の人を不幸にする人間だと思ったから。本当に本当に怖かったけれど、向き合って乗り越えないといけないと心底理解したから。

 

お互い泣きながらこれまでの全ての思いを話した。

 

父親は、思っていたような人では全くなかった。取り繕った話では全くなく、全てを理解した。

両親がすぐ亡くなり、祖父母に育てられ、定時制で頑張り、24歳で家族を全てを失い天涯孤独になり途方に暮れ、子供が産まれたら末期に近いガンにかかり、自分と同じ思いをさせたくない、強く育てないとと子供に厳しく厳しく当たり、死の恐怖から辛かったんだろうか母にも当たり、不器用だから愛してるなんて家族に言えず。子供2人は傷を持ち寄り付かなくなり。

でも、ずっとずっとずっと誠実に頑張っていたんだね。

小さい頃自分と2人で田舎に帰る途中で見た夜空の星を思い出して泣いていたって。おれも覚えてるんだよ。本当に空が星で埋まっていたね。びっくりした。

けして裕福ではなかったけど、お金は常に全部家庭に入れてくれていたんだね。知らなかったよ。

育ててくれたおじいちゃんが帰るかどうか怖くて、暗くなると1時間近くかかる道のりを歩いて不安で不安で迎えに行っていたんだね。天涯孤独になるのが本当に怖かったんだよね。

 

本当に不器用だけど、ずっと愛してくれていたんだね。全く、全く、全く、知らなかった。

人生で初めてその言葉を聞けた。

それがずっとずっとずっと、自分が物心ついた時から、一番聞きたくて、でも一度も聞くことが出来ていなかった言葉です。

 

そして、自分も人生で初めて、父親を愛してると思うことが出来て、言うことが出来た。

 

抱きしめ合うことが人生で初めて出来た。

 

父親の子供で良かったよ。

初めて思えたし、今日からずっと、自分の自慢の父親です。

生んでくれてありがとう。

 

 

今日から、本当の意味で、人を愛することが出来るかな?

今日から、ここは光の世界なんじゃないかと今は思ってるんだ。多分そうなんじゃないかと。

親からの真の愛を受け止められたんだもん、きっと変われるはずなんだ。

 

 

愛がある人は、温かいよ

今は、誰か困ってる人がいたら、抱き締めてあげたい。今までは、アドバイスしてあげたい、と思ってたけど、愛を知らず、愛がなかったから、アドバイスしか出来ることがなかったんだ。

今は、抱き締めてあげたい と自然に思うんだ。

誰かとけんかしたら、今までは遠ざけてきた。傷つきたくないから。だったら独りぼっちていいやって。今は、それじゃ駄目だって思う。けんかを解決する時は、遠ざけたら駄目。それは酷いよ。愛がないからそうなるんだ。愛を知らないから。そうではなくて、温かい人は、相手に寄り添った、温かい解決が出来るんだ。解決は出来ないかもしれないけど、温かい考え方で、相手への温かい思いやりで、考えるはずなんだ。絶対に遠ざけるようなことはしない。愛は、相手への思いやり。

 

 

許すこと。

 

これが愛の正体なのかもしれない。

 

本当に理解しているなら、愛を簡単に説明できるはずなんだ。

 

許すこと  なのかもしれない。

 

 

 

 

両親の子供で良かったよ。

誇りに思います。

この歳になって、ようやく、愛を理解して、人を真の意味で、愛せるかもしれない。

今から、少しずつ温かい人になれるかもしれない。凍っていた心の一部が溶けて、心  を初めて持ったんだから。

自分自身のことが、真の意味で、初めて好きになれる気がします。

 

許すことで愛をもらえたから。

愛は許すことなのかもしれない。

もしくは、愛は  抱き締めること  かもしれない。心も、体も。

 

大それた言葉も決意もいらないね。

今日から、心から、人を愛せますように。

人を、抱き締めて生きていけますように。

人を許せますように。

 

神様、人生で一番大切な日を、ありがとうございました。