大晦日に思う

人間には二種類いる


幸せにする人間
幸せになる人間

 

人間という種の発展のために、自分は幸せになれないけど他人を幸せにするタイプの人間が生まれるように、実際に遺伝子に組み込まれているのではないか


幸せにする人間は劣性遺伝(潜性遺伝

だから少ない

幸せにする人間は自分は幸せにはなれない  非常になりづらい

幸せになってしまったら、満足してしまい、人を幸せにする力を失うし、おまけに、成功のために努力する途中で家庭と仕事は乖離しがちだから、より一層幸せになれない

 

幸せにする人間は、普通の状態では幸せになれない精神の持ち主

幸せにする人間は成功しがち でも自分は幸せにはなれない
幸せになるためには、幸せになるタイプ  の人間と結婚するしかない  それでも幸せになれないかもしれないが、幸せにするタイプ同士の結婚は非常に続きづらい


幸せにするタイプの子供を幸せにしてあげるためには、幸せになるタイプの人と結婚させてあげるしかない
放っておくと幸せにするタイプと結婚する確率が高いから、ちゃんと何が起きるか説明してあげないと、その子を幸せにできない可能性が高い

 

大谷翔平は、幸せになるタイプの人間が成功したパターンかもしれない

イーロンマスクやジョブズイチローは、幸せにするタイプだと思う  自分はそれほど幸せになれない  どこまで成功しても

 

幸せにするタイプの人は、定量目標を掲げやすい傾向がある。しかし、それを達成しても幸せにならないことに気付くに至る。

定量目標を掲げても幸せになれなくて、ただただ、明確にビジョンを持ちながらも、やれることを日々やっていく。それが幸せになるタイプの成功者かな。

 

成功者=幸せにするタイプの人=不幸  とは限らない

 

大谷選手は、幸せにするタイプの人間が、素直な心を誰かに育ててもらって、幸せになれた例外の可能性もある

 

まだ分からないけど、人間には二種類いること、それが遺伝子レベルで起きていること、劣勢遺伝であること、という仮説は今後意識して検証していく

 

自分は幸せにするタイプ

どうしたら幸せになれるのか知りたい

平穏に暮らし安住する、という考え方が出来ない

兄弟が幸せになるタイプだから、他の人を見ていても、環境じゃないと確信してる

遺伝子レベルだから厄介で、幸せにするタイプの人は、同種のために、マグロみたいに一生頑張って死んでいくしかないのか

 

人間以外にもこの遺伝子はあるはず

種の前進のために

表向きは成功者で、実質は満たされない不幸な存在

 

 

 

スターウォーズを観た

ジェダイもダークサイドも同じ  紙一重というよりも同じ
パワーが強いだけ

苦しいよね

ジェダイもダークサイドも、彼らは誰も幸せになっていない

幸せにするタイプの中でも、強烈なパワーを持つとああなるんだろう

イーロンマスクはあんな感じなのかな  人間の中に限定すると

 

 

素直な心についても考えた

 

幸せになるかどうかは、素直さがキーとなる

 

素直には二種類ある


自分への素直さ
他人への素直さ

 

明確に分けて考えないと駄目

ありのままの自分を出せる素直さ  と  他人の考えや意見を思いやり聞くことができる素直さ

これは明確に違う素直さ

 

自分への素直さは、赤ちゃん時代がマックスで、右肩下がりになる
他人への素直さは、小学校低学年くらいがマックスで右肩下がり

 

だから、毎日意識して素直な心を持つ練習をしないといけないんだ

どんどん失っていくから

 

人間は性善説でいいと思う

しかし、素直な心を失いながら、どんどん汚れがついていき、性悪説と誤認するような汚い心を持つに至る

でも、素直な心を元々は持っていて、社会生活の中で失っていく

 

 

素直な心は、意識して獲得し、毎日意識して保持できるようにしないと、例外なく失い、汚れていく

 

 

今年もあと1日

2018年、素直な心 を目標に

幸せになることはもう意識せず、遺伝子・本能のおもむくままに、幸せにする人でいいから

 

 

素直な心

 

それにトライする1年にしよう

 

 

そうしたら、なんか少しくらいいいことあるだろ

そんくらいでいいよ 

期待せずやろう

 

でも、全力で